気道戦士 喉頭癌ダム

タバコの吸いすぎから喉頭癌ステージ4でシャント法手術を受けました。声帯摘出、放射線治療、抗癌剤・・・。これから手術を受ける人、治療の後がつらい人。私の体験や工夫が、何かのお役に立てばうれしく思います。

§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

§ プレアデスさんの予兆

前回の記事でも、申しあげましたが
プレアデスさんの予兆は、コメントと言うより「寄稿」に近いもので
さすがに長いものですから(そういう事もあって)
今回、じっくりと掲載させていただきます。

また今回、このタイミングでご自身のブログを立ち上げられたので
皆さん訪問して、コメントを残してあげてください。
http://jisuke23.blog.fc2.com/


まだ、始めたばかりなので、記事は少ないですが
貴重な体験談が書かれています。応援してあげましょう!

ご来訪の証しに ↓ とりあえずクリック。
     

さて、プレアデスさんの<予兆>は、
先日なくなられた中村勘三郎さんと同じ食道がんの予兆です。

発見の経緯などなどは、当然に事ながら少し異なりますが
手術のやり方や経過などは、ほぼ同じ様に思います。


  < 烏滸がましくも私の場合です  from - pleiades >

皆さんに触発されて、私の場合を書かせて頂きます。
3年ほど前に、ステージ1初期の胃癌を内視鏡で除去したとき、現代の医学の進歩は凄いものだと吃驚しました。

思えば、それが最初の変調だったのですね。今年の7月初め、血痰を経験、それ以前にも「錠剤」が喉を通過せず、おかしいなと思っておりました。そこで早速、かかりつけの医院で「肺のCT検査」。異常なしと言われて一安心。
ただ、念のため「耳鼻咽喉科」で「喉」の検査もしておいた方が良いと言われて行ったところ、下咽頭の左側になにやらできものが・・・。そのときの検査医の反応から、これはもしかするともしかするかもと思ったのです。
紹介状を書いてもらい、大きな病院にて組織検査、「下咽頭癌」のステージ4b(だいたいこれ位になるには、最低7~8年かかるようです)と判明、おまけに食道中部に重複の「食道癌」。「胃癌」のときになんで見つからなかったのあろうかと思いましたが・・・時既に遅し。
幾つかの治療選択肢を示されました。私の仕事が「声」を使うもの(教員)でしたから、即座に「放射線&抗癌剤」でなんとかならないかと言った所、その病院では「それで行くきましょうか」とも言われました。
ただ、一応は「セカンドオピニオン」も勧められたので、受けて見るべきだと考え、つてを頼って湾岸地区の「下咽頭癌」に実績のある病院にたどり着きました。

そこで、言われたのは「ステージ4で「放射線&抗癌剤」で治療した場合、患部を含めて「咽頭と食道」がどろどろになりますよ。また、治癒する可能性は1%あるとも言えません」とのこと。

もとの病院に戻って、こう言われたので、やはり「手術」を選択したい旨伝えたところ、その病院ではICUの設備が完全でなく、私が「胃癌」をやっているので「胃管吊上げ」の手術の折に「血管外科医」が必要、だが非常勤しかいない、それゆえ「手術」およびその予後に危険性が伴うという話し。

もうこれでは、湾岸地区の病院にお願いするしかないという結論に達しました。7月の半ばから、自宅から2時間かかる湾岸地区の病院に変り、8月いっぱい「骨シンチ」やら「PET」やら「負荷心電図」やら「超音波胃カメラ」やら・・・なんだか数え切れないほどの検査。
ようやく、8月30日に「手術」ということになりました(実は手術出来ること自体、幸運なことのようです)。
手術後、一週間はICUで「麻薬」による「幻覚」とともに過ごしました。一般病棟に移っても、一週間は夢うつつ、それでも、最初予定の2ヶ月より10日ほど早く退院。
いまは、日々、食道に変わった筒状の胃管による「逆流」、のど元にあいた「永久気孔」から絶え間なく出る「痰」、そして、完全社会復帰の為の電気式人工喉頭(EL)による会話訓練、体力復活の為の散歩、それと「勉強」(主にコンピュータの「読み上げソフト」に講義内容をいれること)に時間を費やしています。

なお、この癌を「放射線&抗癌剤」で治そうとした有名人に「勝新太郎」と「杉浦日向子」がいますが、二人とも故人。それと、私と同じ病院で手術を受けた医師「赤木家康氏」(この11月死去)は、転移に耐えて5年以上頑張った方ですが残念にも亡くなりました。

いずれにせよ、私の「下咽頭癌」、5年生存率が30%ほどなので、この30%のなかに入れれば良いなぁ~(^o^)。と考えております。

          2012.12.01-21:49/pleiades/URL/EDIT/ ▲


★続きは後半。↓ ランキングにご協力下さい。
      ありがとうございました。
             続きを読まれる方は ↓ から
          続きはこのまま下に書いていきます

さすがに長いので<要約>致しますと(プレアデスさん、ごめんなさい)

3年ほど前に、ステージ1初期の胃癌を内視鏡で除去したけれど
この時、医師が「下咽頭がん」と「食道がん」を見落としていたわけです。


今年の7月初め、血痰を経験、
それ以前にも「錠剤」が喉を通過せず、おかしいなと思っていた
…というのが、自覚した「初めての予兆」

そこで早速、かかりつけの医院で「肺のCT検査」をしたけれど
「異常なし」と言われて一安心。…よくある話ですね。

ただ、念のため「耳鼻咽喉科」で「喉」の検査もしておいた方が良いと言われて
行ったところ、下咽頭の左側になにやらできものが・・・。

紹介状を書いてもらい、大きな病院にて組織検査、
「下咽頭癌」のステージ4b(これ位になるには、最低7~8年かかる)
おまけに食道中部に重複の「食道癌」。
「胃癌」のときになんで見つからなかったのか?・・・時既に遅し。

秋の扇町公園

僕なら、このクソやぶ医者の大バカヤロウが…と書きますが(苦笑)
ここからが問題で


私の仕事が「声」を使うもの(教員)でしたから、
「放射線&抗癌剤」でなんとかならないか …コレが人情ですよねぇ、しか~し!

一応は、つてを頼って実績のある病院で「セカンドオピニオン」
「ステージ4で「放射線&抗癌剤」で治療した場合、
患部を含めて「咽頭と食道」がどろどろになりますよ。また、
治癒する可能性は1%あるとも言えません」と言われて、手術を決意!

あれこれあって、無事退院しましたが(本文をお読みください)

この癌を「放射線&抗癌剤」で治そうとした有名人に
「勝新太郎」と「杉浦日向子」がいますが、二人とも故人。
それと、私と同じ病院で手術を受けた方も
転移に耐えて5年以上頑張ったけど、残念ながら亡くなられました。

いずれにせよ、私の「下咽頭癌」、5年生存率が30%ほどなので、
この30%のなかに入れれば良いなぁ~(^o^)。と考えております。

先日なくなられた中村勘三郎さんも、たぶんそうですが
食道がんというのは、予後がよくない癌でもあるわけですね。


なお、食道がんに関する僕の記事<初期の食道がん?>は
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-964.html

この記事の元になった 喉頭がん回顧録「予兆」の記事は
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-957.html#com

他の方の、予兆のコメントは
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-962.htmlに記載しています。

現在は(すぐ後にありますから)スクロールすればすぐ出てきますが
後から検索した場合はそうも行かないので、念のため(笑)でした。


本日も、ご愛読ありがとうございました。

よろしければ、↓ ランキングにご協力下さい。
     
     ありがとうございました。

これらを読んで、何かしら「思い当たる節」のある方は
何でもいいから明日、とりあえず病院に直行してください。

事情を話せば、病院ではちゃんと診てくれるはずですし
不安なら、伝手を手繰ってもう一軒セカンド・オピニオン。


何もなければ祝杯を挙げてください。
ちょっとばかり無駄な出費はありましたが、
癌じゃないなんて、そんな素敵なことはないじゃありませんか!
・・・ですよね。ねっ、ねっ、ねっ!(笑)

出来れば ↓ 拍手もね!
スポンサーサイト

2012/12/09/Sun 09:09:00  喉頭がん/CM:2/TB:0/
new 癌は治らないと思ったほうが賢明です。 / MAIN / 皆さんの「予兆」 old

COMMENT

食道癌って、怖いよ~!  from - プレアデス
「下咽頭癌」も怖いけど、「食道癌」も凄く怖いガンです。

実は、私、年末乃至は年始に「人間ドック」に入ることにしています。
例年にもれず、昨年末「ドック」に入りました。その時に「鼻」から入れる
内視鏡検査をやっています。担当したのは「早期胃癌」を発見してくれた
掛かり付けの消化器専門医でした。そのとき「異常なし」
だたんですよ。ただし「問診」の時「近いうち、もう一度内視鏡やろうか」
とちょっと、気になることを言ったのを覚えています。
ということは、去年の12月の時点では、はっきりと分からず、今年の7月
には、小さいながら「組織に浸潤している癌」になっていたということです。
もちろん、「下咽頭癌」についての予兆はあったものの、「食道癌」の予兆
はありませんでした。なにか、進行してくると「しみる」ような感じがするみ
たいですが・・・。
まったく、予兆を感じず「下咽頭癌」に重複して見つかった「癌」でも「T1
 N1 M0」です。
ところで、中村勘三郎、いろいろテレビ番組で特集されてますね。頚部の
リンパに転移して「抗癌剤」の治療も受けていたみたいです。察するところ
「T2 N2 M0」くらいだったんじゃないかな。これでも、初期ですからね。
それと「抗癌剤」治療は、相当体力が消耗し「肺」の合併症につながった
んでしょうね。
「人間ドック」、レントゲンだけじゃなくて内視鏡検査して下さいね。

 癌ダムさん、宣伝どうもでしたm(_ _)m
2012.12.09-21:22/プレアデス/URL/EDIT/
Re: 食道癌って、怖いよ~!  from - 癌ダム4G
プレアデス さま:どうもです。

う~ん、僕が何か書く必要もなさそうですね(笑)
ブログ、来訪者が増えるといいですね。

2012.12.10-17:34/癌ダム4G/URL/EDIT/

COMMENT POST

/
/
/
/



 
 内緒です♪

TRACK BACK

  この記事のURL:
   http://gandam4d.blog8.fc2.com/tb.php/963-bcfdb0ac


MAIN
copyright © 2006 気道戦士 喉頭癌ダム. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。