気道戦士 喉頭癌ダム

タバコの吸いすぎから喉頭癌ステージ4でシャント法手術を受けました。声帯摘出、放射線治療、抗癌剤・・・。これから手術を受ける人、治療の後がつらい人。私の体験や工夫が、何かのお役に立てばうれしく思います。

§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

§ マルベック(黒ワイン2)

娘のダンナ、つまり義理の息子が、保育園帰りの孫を迎えに来たので
「黒ワイン」あるよ!飲みにおいでよ…と言っておいたら
さっそく次の晩、一家そろって「試飲」にやってきました。

娘の影響だか、元々だか知りませんが、二人とも大のワイン好きです。

さっそく、ネグロ・アマーロを開けて
華のある香りと甘くどっしりした味を楽しんだのですが

サリーチェ・サレンティーノ

デキャンタして数時間たつと、香りも味もしぼんできて
華の命は短くて…の見本みたいなワインでもありました。

そこで、マルベックはどうなんだろうネェ?という事になって
あちこち捜してみたんだけど「カオール」は入手できず…


その代わりに、アルゼンチンのマルベックが見つかりました。

ご来訪の証しに ↓ とりあえずクリック。
     

▼アルゼンチン ワイン
アルゼンチン ワイン

モノの本…じゃなくて、ネットで検索した資料によれば
「マルベック種」は、フランスでは、酸味やクセが強く
一部のワインを除いてはブレンド用に少量用いられる日陰者の身だけど、

土壌のせいか?太陽のせいか?アルゼンチンで花開き
甘くシッカリとした良質なワインが作られるようになった…との事。


お値段もリーゾナブルだし、これは飲んで見ない手はありませんね。

▼サンタ・アナ マルベック ラベル
サンタ・アナ マルベック ラベル
※写真をクリックして拡大していただくと、説明文などもはっきりと読めます。

ちなみにこのワイン、イオン系の大型スーパーで
家内の買い物のついでに見つけましたが
輸入元もアサヒビールですから、案外と入手しやすい気もします。

イタリアのネグロ・アマーロ種よりも
甘くどっしりした印象で、ミディアムボディですが
フルボディっぽい風格があって
ボルドー系の「重たい赤ワイン」が好きな方には…


そういう味が半値で手に入る…という
ダブルで美味しい選択だ…(笑)とも思います。

▼鴨ロース(フランス種)
鴨ロース(フランス産)

さ~て、料理は何を合わせるか?

というのも、ワインの楽しいところでもありますが
先日は、肉汁たっぷりのハンバーグでいただきましたから


今夜は「フランス種の鴨ロース」

…でいきたいと思います。

脂も乗って、見るからに美味そうですね~(笑)


★続きは後半。↓ ランキングにご協力下さい。
      ありがとうございました。
             続きを読まれる方は ↓ から
          続きはこのまま下に書いていきます

さて、どう料理しようか?という事ですが

スライスだから、鴨ロースのくん製…という訳にも行かないし

定番のオレンジソース…というのも、ちょっと芸がない。

ここは、蕎麦屋の裏メニューで
「鴨ロースの山椒焼き」なんてのも、乙でいいね!


などとも思いましたが


今日は、マルベックは和風味にも合うのか?…という事で

思い切って「鍋」にチャレンジです。

▼鴨なべ
鴨なべ

えっと、説明…特に要りませんよね(笑)
※それでも説明が欲しい方は< 日曜日は鴨鍋。> をどうぞ。

僕の家は、大阪ミナミの隠れた某・名店にならって
大量の水菜で、鍋に鴨のベッドを作り
その上で、鴨ロースをゆっくりと片面づつ火を通して行き


煮すぎないうちに、サッとあげて
柔らかな水菜と共にいただく…というスタイル。

▼鴨ロース・鍋
鴨ロース・鍋

出汁は、鴨の丸(がん)を最初に入れて
鴨の旨みを出汁にシッカリと馴染ませますが

余談ながら、この鴨の丸で出汁を取った
ちょっと豪華な「煮〆」は、お節にもいいものですよ~(笑)


▼鴨つくね:丸(がん)
鴨つくね:丸(がん)

その丸(がん)に火が通って浮いた頃合が、鍋のスタートです。

水菜の先っぽの、柔らかくて青いとこをどっさり入れて、
しんなりした所に、各自の鴨ロースを乗っけて、
ひっくり返して両面の色が変わったらOK。


▼点前:鴨ロース、奥:鴨の丸(がん)
点前:鴨ロース、奥:鴨の丸(がん)

喉頭がんで「肺と口がつながっていない」ので、フーフー吹けない
という事情もあるので「とんすい」に取って、少し冷ましてからいただきますが
  ※詳細はこちら<熱いスープを吹く方法>でどうぞ

そのため、僕の「とんすい」は二つ用意してあって
鍋のモノを片方に取って、少し冷ましてから時間差で食べています。


え~っと、味?…ワインとの相性ですか?
ここまで書いといて、合わないわけがないじゃありませんか(笑)

▼黒ワイン2種
黒ワイン2種

そして「黒ワイン」と「鴨鍋」の夕べがじっくりと過ぎていきましたが
この組み合わせ、大晦日にいかがでしょうか?

もちろん、鍋の〆は「ぞうすい」ではなく
「鴨なんばの年越し蕎麦」に決まっていますけどね!


クリスマスもまだ…というのに、気の早い話ですね(苦笑)



本日も、ご愛読ありがとうございました。

よろしければ、↓ ランキングにご協力下さい。
     
     ありがとうございました。

これも、20年以上やってる我が家の大晦日の定番料理でもあるのですが
皆さまのお宅のには「大晦日料理」の決まりはありますか?

出来れば ↓ 拍手もね!
スポンサーサイト

2012/12/19/Wed 19:19:19  酒・ワイン/CM:6/TB:0/
new ユアトーンⅡゆらぎ・試用レポート / MAIN / 深読み投票率 old

COMMENT

  from - 加夢
おお!たまらん!!
こりゃ、たまりませんな
案外ワインって日本食にあうんですよね
白ワインにお刺身っておいしいですしね
でも、まさか鴨鍋とは思わなかったなあ
さすがですねぇ\(^o^)/
2012.12.21-09:52/加夢/URL/EDIT/
アップしました!  from - yokoblueplanet
こんにちは。
ありがとうございました。無事記事をアップしました。
たくさんの方々が見て拡散してくれる事を願っています、次回へ繋げるために!

お正月は毎年どこにいるか判らないので、定番料理もなく新年を迎える形も毎年異なります。我が家の「伝統」を守れなくて、作れなくて、そこはちょっと残念です!
2012.12.21-14:03/yokoblueplanet/URL/EDIT/
Re: yokoblueplanet さま:  from - 癌ダム4G
ありがとうございます。
また、夏ごろになったら、何か書きますので
またよろしく~…です。(笑)

> お正月は毎年どこにいるか判らないので、定番料理もなく新年を迎える形も毎年異なります。我が家の「伝統」を守れなくて、作れなくて、そこはちょっと残念です!

たとえば、必ず日本酒(お屠蘇)で乾杯する!…とか
なにか<yokoblueplanet流>のお正月の儀式を考えてはいかがでしょう。
そういうのだって、立派な、我が家の伝統だと思うんですけどね。

2012.12.21-17:50/癌ダム4G/URL/EDIT/
Re: 加夢 店長さま:  from - 癌ダム4G
こんばんは。

この前のコメントを頂いて…

こりゃ、何か「一芸」考えなくっちゃ…と、(苦笑)

そこで、構想10年…な訳はありませんが
フランス産の「鴨」って、なかなかだったでしょ!

いや、もちろん<国産の真鴨>でも美味しくいただけます。

店長の「逆襲」お待ちしています(笑)
2012.12.21-17:54/癌ダム4G/URL/EDIT/
そう云う意味では。。。  from - yokoblueplanet
こんにちは。
ありました!
年を越す時には、必ず瞑想をしながら越します。
これは唯一どこにいても続けている「伝統」です!
2012.12.22-14:51/yokoblueplanet/URL/EDIT/
Re: yokoblueplanet さま:そう云う意味では。。。  from - 癌ダム4G
「瞑想」ですか…なるほどねぇ(笑)

まぁ、それぞれの「年越し」ですから
僕がどうこう言うことじゃありませんが

なんか「おめでたい事」なんかも
あった方が楽しいように思うんですが
どうなんでしょうね?

なにか、参考になれば幸いです。
2012.12.23-16:35/癌ダム4G/URL/EDIT/

COMMENT POST

/
/
/
/



 
 内緒です♪

TRACK BACK

  この記事のURL:
   http://gandam4d.blog8.fc2.com/tb.php/967-0ad64049


MAIN
copyright © 2006 気道戦士 喉頭癌ダム. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。