FC2ブログ


気道戦士 喉頭癌ダム

タバコの吸いすぎから喉頭癌ステージ4でシャント法手術を受けました。声帯摘出、放射線治療、抗癌剤・・・。これから手術を受ける人、治療の後がつらい人。私の体験や工夫が、何かのお役に立てばうれしく思います。

§ 仔鹿のバンビは?

知床の猟師さんからクール宅急便が届きました。

▼クール宅急便 パッケージ
パッケージ

手作りなんだか、システム化されてるのか?
よくわかんないパッケージですね。


知床ジャ二―を検索してみると…
<取寄グルメの北海道の旬をどうぞ! 知床ジャニー>って事で
http://www.shiretokojourney.com/<知床の魚貝・鹿肉・農産物などの
お取り寄せグルメのホームページが出て来ます。

ご来訪の証しに ↓ とりあえずクリック。
     

パッケージを開けると、

大迫力の真空パックが3つ!

▼エゾ鹿肉3キロ/知床直送クール宅急便
鹿肉3キロ

しかも、知床ジャ二―のホームページには出てこない商品です。

▼えぞ鹿肉上モモ肉1kg2パック           ▼同・上ロース1kg1パック
モモ肉 ロース

その上、モモ肉の真空パックには、マジックで<バンビ1kg>と書いてあります

▼バンビ モモ 1kg
バンビ1kg

ブロ友の「ほんたべ」さんに、無理やり頼んで
試しに送ってもらった、鹿肉3キロです!


少し前、ほんたべさんが「猟師というお仕事」という記事の中で
鹿は「害獣」だけど、肉の需要が少なくて元が取れない…
皆さん鹿肉を食べましょう!と鹿肉イベントの話を書いてらしたので

協力するから、鹿肉は入手できないか?…と
食い意地の張った、癌ダムは、問い合わせてみたのですが
うれしい事に、良い肉を分けてもらう事が出来ました。


知床の猟師さんは、原生林の保護活動&生活の糧に
僕は、珍しい鹿肉料理の楽しみに…と
いわゆる「ウィン・ウィンの関係」というヤツですね。

切り身・ブラックペーパー

しかし、鹿料理なんて
「鹿刺し」とか「鹿なべ」くらいしかやったことがなく
ほんたべさんのブログにも「焼き肉」くらいしか出てこないので


和・洋・中、仏・伊・露、さて、どうやって食べようか?
…と、あれこれ考えてしまいます。
(とはいえ。こういう時間が一番楽しいものですよね・笑)

下ごしらえ・ラム酒

刺身は現在「御法度」状態なので、まぁやめて置くとして
まず思いつくのが「ワイン煮込み」に「鹿肉のロースト」
焼き肉に、ジンギスカン、鹿汁なんてのも乙なもんかな?とか
あれこれ考えてはいましたが、考えるより食べるが易し


下ごしらえ・ワイン

とりあえずは、端っこをちょっと切ってテスト料理
あれこれ試食してみる事にしてみました。

▼テスト調理3品
テスト3品

左から、仔鹿のステーキ(塩・胡椒味)ちょっとパサ付く
バンビのバターソテー(キノコ添え)うん、これはイケる
鹿肉のワイン煮込み:ソースがちょっとキツイかな?
第一、臭み消しとか、まったく必要ないし~(苦笑)

家内と二人、あ~だ、こ~だ…と
結局コレが遅めのブランチになりましたが、
とはいえこの時点では、一緒に食べた
昨夜のロールキャベツが一番美味しかったりして(笑)


初めての食材<仔鹿のバンビ>は、
なかなかに手ごわい相手なのかも知れませんね。


★続きは後半。↓ ランキングにご協力下さい。
      ありがとうございました。
             続きを読まれる方は ↓ から
          続きはこのまま下に書いていきます

さて、買い物も済んで、早や夕方…
娘一家が、満を持してやってきます。

▼スパークリング・シラーズ
スパークリング・シラーズ

それが証拠に、ダンナ(義理の息子)が持参してきたのは
くせのある赤ワイン、シラーズのスパークリング。
コイツはちょっと手に入らない
鹿もジビエにもよく合いそうな一本です。

まぁ、今日は「実験」だからね…とか言い訳しながら
それでも、料理にはしっかりと力が入ります(笑)


▼料理1
料理1


▼料理2
料理2


▼料理3
料理3

さて、料理は何でしょう?

…という事で、料理名&レシピは、また次回。

というかレシピまで書いたら、ただでさえ長いブログが
読めないくらいもっと長くなる
写真が多すぎて、ブログが動かなくなる…なんて
そういう事情も、まぁありまして(苦笑)


この3枚の写真から、
美味しい鹿料理を推理していただくのも
また楽しいかと存じます。

しかしながら、本日の結論は、全員そろって

♪仔鹿のバンビは、美味~しいな~

…という事でありました。

▼ドルチェ
ドルチェ

さて、本日のドルチェは、
チョコレートケーキのチョコクリーム添え


あ~、チョコレートアイスクリームは
ハーゲンダッツ等ではなく、ちゃんとしたゴディバです(笑)。


本日も、ご愛読ありがとうございました。

よろしければ、↓ ランキングにご協力下さい。
     
     ありがとうございました。

鹿肉って、バンビなら臭みは全然ないし、肉質も軟らか。
脂身がほとんどないので、少しパサつく感じですが
これなら「食事療法」にも合格かも?

とはいえ、美味しいものは美味しいのだ!と
久々の大違反ではありました。


鹿肉のお問い合わせは、ほんたべさんのブログまで。
…って事でいいのでしょうか?

出来れば ↓ 拍手もね!
スポンサーサイト




2013/01/29/Tue 17:29:00  料理/CM:6/TB:0/
new バンビのフルコース&レシピ / MAIN / バッケンワイン old

COMMENT

管理人のみ閲覧できます  from - -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013.01.29-23:26///EDIT/
  from - nobuko
癌ダムさ~ん
美味しそうなお肉ですね~
うちの娘なんかに言ったらバンビを食べるなんて!と泣かれそうですが。。。。
やっぱり焼肉(写真1)。。。。二番目はフルーツの上に盛り付けがしてあるということはワインでグリルかなんかになさっているのでは????3番目はまったくわかりません!
鹿肉はフランス料理店で食べたことがあるくらいでお料理したことはないのですが、脂肪が少なくヘルシーなお肉ですよね。がさつな私には料理しにくいお肉かしら。。。火加減とか微妙みたいだし。。。。
お母様のことが書いた記事などを読むと自分も将来年をとっていったいどうなっちゃうのから。。。。って思いますね。気持ちはあっても先立つものがないとケアーは大変ですものね。アメリカなんか本当に医療費が日本の何倍もかかるので(10倍かも)それに伴ってお年寄り負担も多くなっているみたいです。。。。やっぱり健康である日突然ぽっくり死にたいな~みんなそう思っているんですよね。。。。と暗くなってしまいましたが。。。
レシピを楽しみにしていますね。
2013.01.30-06:18/nobuko/URL/EDIT/
  from - Espero Lumo
こんにちは!
「子鹿のバンビ」なんて言っちゃったら もうダメですよ~かわいそうになっちゃいますよ~(T-T)
食べるお肉に名前付けたらダメですね・・・。
以前、いただきものの上等なお肉が「さくらこちゃん」だったことがあって、家族でシ~~~ンとなっちゃったことがあるんです。おいしくいただいた後ですもん・・名前がわかったのは・・・。

お肉はお肉で売ってるから食べることができるんだな~っていつも思います。
バンビちゃんなんか想像したらね~・・・。

なんか・・・・・おいしそうだったけど・・・・・・。
2013.01.31-12:57/Espero Lumo/URL/EDIT/
Re: 鍵コメさま:  from - 癌ダム4G
メール送りました…届きましたでしょうか?
2013.01.31-17:02/癌ダム4G/URL/EDIT/
Re: nobuko さま:  from - 癌ダム4G
さっそくのコメントありがとうございました…お返事、遅くなりました。

> うちの娘なんかに言ったらバンビを食べるなんて!と泣かれそうですが。。。。

当方の娘は、舌なめずりしておりましたが(苦笑)
さすがに4歳の孫には、言わないで置きました。

料理は、今日アップしますので、ごらんください。
鹿肉は、僕もワイン煮込みとか、刺身に鍋くらい…あまり馴染みはありませんでしたが
今回やってみて、大体の感じは掴めました。

成獣だと、少し臭みがあるので、
ワインとかニンニクとか、スパイスなどを効かせた料理が似合いますが
バンビだと肉質も柔らかく、臭みもまったくないので、調理は簡単です。

脂が少ないので、パサツキを抑える…という意味では
鶏の胸肉とか、ホロホロ鳥などに似てるかも知れませんね。

グリルでも、煮込みでも、ハンバーグでも、何にでもなりますが
あまり加工しすぎると「何の肉かわからなくなる」ので
<素材の味を活かして、サッと調理する>ような料理が良いかと思われます。
日本国内なら入手先お教えしますが…たぶん、そちらの方が本場ですよね〈笑)

> お母様のことが書いた記事などを読むと自分も将来年をとっていったいどうなっちゃうのから。。。。って
 アメリカなんか本当に医療費が日本の何倍もかかるので(10倍かも)

そうですねぇ…。いや日本だって、先行きは「不安だらけ」ですよ。
医療費は「保険制度」で守られてはいるけれど、「介護」となると話はまったく別。
行き先のない老人は街にあふれ始めています。
特に僕なんかは、僕自身が「障害者」だし、お袋とは離れて暮してるし
こういう問題って、
こっちが「働けなくなってから」起こり始めるんで本当にヤレヤレですね。

とりあえず、いまは「病院」で、先のことは、まだ判らない。
自分で身の回りの世話が出来るのなら、年金だけで何とかなるけど
まぁ、そうは行かないだろうなぁ…と、かなりブルーな気分ですね。

> レシピを楽しみにしていますね。

は~い!いましばらくお待ちください(笑)
2013.01.31-17:31/癌ダム4G/URL/EDIT/
Re: Espero Lumo さま:  from - 癌ダム4G
いや、そちらで「熊が可哀想…」という記事を書かれていて
僕はバンビが美味しい…などと、誠に不謹慎ですね

実は僕「熊」も食べたことがあります。
うりぼう(猪の仔)も食べるし
ラムちゃん(羊の仔)も仔牛も、美味しくいただきます。

もちろんクジラも食べるし、イルカだって食べた事があります。
魚だって植物だって、れっきとした生き物です。
人間って、他の命を奪わないと生きていけない種族なんですね。

だから食べものを大切にして(今の日本人が忘れている話ですね)
自然の恵に感謝の念を忘れてはいけません。

> 「子鹿のバンビ」なんて言っちゃったら もうダメですよ~かわいそうになっちゃいますよ~(T-T)

だってね、パッケージに「バンビ」って書いてあるんですよ(苦笑)

> 食べるお肉に名前付けたらダメですね・・・。
> お肉はお肉で売ってるから食べることができるんだな~っていつも思います。
> バンビちゃんなんか想像したらね~・・・。

まぁ、Espero さんの感覚の方が現在では「主流」なのでしょうが
ヤッパリ僕は「大切な命をいただく」という意味からも
「死」を身近に感じながら「美味しくいただく」感覚を持たなければウソだとも思うわけです。
お伽噺だって、本来は結構残酷なものですが、それをハッピーエンドに書き換えて
そういうのが優しさだと言うのは、大いなる勘違いだと思うんですけどね。

> なんか・・・・・おいしそうだったけど・・・・・・。

はい、料理やレシピにもご期待ください(笑)
2013.01.31-17:53/癌ダム4G/URL/EDIT/

COMMENT POST

/
/
/
/



 
 内緒です♪

TRACK BACK

  この記事のURL:
   http://gandam4d.blog8.fc2.com/tb.php/992-60027a99


MAIN
copyright © 2006 気道戦士 喉頭癌ダム. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房