気道戦士 喉頭癌ダム

タバコの吸いすぎから喉頭癌ステージ4でシャント法手術を受けました。声帯摘出、放射線治療、抗癌剤・・・。これから手術を受ける人、治療の後がつらい人。私の体験や工夫が、何かのお役に立てばうれしく思います。

§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

§ ナガス鯨の刺身&はりはり

ナガス鯨のいいのが手に入りました。

▼ナガスクジラ
ナガスクジラ

アイスランド産とあるから試験捕鯨の分ですかね?

ミンクとか、セミは、よく見かけますが
ナガス鯨は本当に久しぶり…


▼はりはり鍋セッテイング
はりはり鍋セット

となると今夜は、当然「はりはり鍋」ですね(笑)

ご来訪の証しに ↓ とりあえずクリック。
     

クジラとはりはり鍋に関しては、過去、いろいろ書いておりますから
食のうんちくや、シーシェパードの皆さんについては、読んでいただくとして

●ミンク鯨のはりはり鍋
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-947.html

●はりはりアゲイン(一般的なハリハリ鍋の食べ方)
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-354.html

●ハリハリ鍋 始末記(ちょっとマニアックな食べ方のうんちく入り)
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-80.html

●ハリハリとクジラと、捕鯨問題1(くじらの食べ方うんちく入り)
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-63.html

●ハリハリとクジラと、捕鯨問題2(食文化としての鯨、うんちく入り)
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-64.html

滅多に入手できない「ナガズクジラ」の<生食用>…生唾モノ
まずは、当然ながら「刺身」で頂きます。

▼刺身用スライス
刺身用スライス

スジのないところを選んで、薄めにスライスします。
<生食用>なので、そのまま頂きます。
久しぶりですが、やっぱり「ナガス」は美味いですね!

▼ナガス鯨 刺身
ナガス鯨 刺身

鯨は「生姜醤油」です。

▼ナガス&メルロー(赤ワイン)
鍋&メルロー

メルローはジビエによく合う力強い赤ワインです。
鯨はジビエかどうか知りませんが
肉の強さに負けず、しっかりした味わいでよく似合います。

▼はりはり用・大皿盛り
はりはり用・大皿盛り

鍋用は、刺身用と基本的に同じですが
少し厚めに切るとか、端っこの方とか…
まぁ、その程度の違いです。

▼山椒
山椒

鍋に入れると、少し匂いが強くなりますから
山椒を振りかけておきます。

山椒を振ったヤツても、刺身で一向に構いません。
風味が変わって、返って美味しくなるくらいです(笑)


▼水菜・ネギ・しめじ
水菜・ネギ・しめじ

野菜は、水菜がメイン・・・そもそも「はりはり鍋」とは、
水菜を噛んだときの「はりはり」という食感と音を表したものですから
白菜や白ネギなどは、入れてはいけません。

シンプルに、青ネギか九条ネギを少々
そして、シメジなどのきのこと、せいぜい豆腐くらいです。


そして、もちろん、鯨をくるんで食べる「しゃぶ餅」も
絶対に忘れてはいけない必須アイテムですね(笑)



★続きは後半。↓ ランキングにご協力下さい。
      ありがとうございました。
             続きを読まれる方は ↓ から
          続きはこのまま下に書いていきます

さて、はりはり鍋の食べ方です。

▼水菜のベッド
水菜のベッド

出汁は、1時間ほど昆布を浸けておいた鍋に
醤油と酒、みりんなどで味を付け、サッと煮たてます。

まずは、水菜をどっさり入れて、ベッドを作り

▼はりはりの鯨
はりはりの鯨

その上に、鯨を置いて、サッと火が通ったところを
水菜と一緒に頂きます。
決して煮すぎてはいけません。

▼刺身&鍋
刺身&鍋

刺身でよし、鍋でよし。
自由にあれこれ楽しみます。

▼はりはり鍋・全景
はりはり鍋・全景

〆に雑炊…というのは、やりませんから
お腹が空いたら(食べてるのに変な表現ですが・笑)
鯨をしゃぶ餅で巻いて、美味しく頂きます。

▼はりはり&刺身
はりはり&刺身

普通に「はりはり」もいいのですが、
鯨は生で生姜醤油を付けて
鍋のネギと水菜を添えて、しゃぶ餅で巻いて食べると
…これがもう絶品なんですね。(笑)

▼グリーンジュース
グリーンジュース

もちろん「食事療法」は基準を緩めて「継続中」ですから
ワインなど、若干の違反はありますが
毎日のゲルソンジュースとグリーンジュースは欠かせません。

クジラが食事療法に当てはまるかどうか?
その辺りは、かなり疑問ですが
少なくとも「四足の動物」ではないし


そして、鯨を食べる民族・日本人として
西欧世界が何と言おうが、環境テロ組織が何を妨害しようが
いわれなき捕鯨禁止を受け入れる訳には行きませんよね。

アラスカのイヌイット(アメリカ国籍)が
民族固有の文化だから、鯨を捕るのは構わないけど
日本人がクジラを捕るのはいけない…って


一体どういう理屈なんでしょうね?


本日も、ご愛読ありがとうございました。

よろしければ、↓ ランキングにご協力下さい。
     
     ありがとうございました。

先日は、鹿を食べる話でしたが、クジラも本当に美味しいものです。
クジラを食べた事のない若い人が増えていて、
それはそれで、なんだか情けない気もしますが

食わず嫌いをしないで、猪(ぼたん)馬(さくら)鹿(もみじ)と
四季折々の美味しい鍋を楽しんで欲しいものですね(笑)


出来れば ↓ 拍手もね!
スポンサーサイト

2013/02/06/Wed 02:22:02  食事療法/鍋/CM:10/TB:0/
new 釜揚げ・釜玉 讃岐うどん / MAIN / マクロビ節分2013 old

COMMENT

  from - tomotan
き~~また夜見てしまった~~!! おなかがなる~!!

私の世代は鯨、結構食べてます。特に南蛮漬けです。 給食にも良く出ました。 九州にいたことがあって、鯨とあぶらかすって言うのを良く食べました。最近調べたらあぶらかすって動物の内臓の揚げたのらしいです。 パンに合わなくてねえ(笑) 今の子供達はいいですね、、って話がずれました。

色々ガッツり食べていますね!バンビまで!! でも本当に良かったですね。
食べるのって本当に楽しみですもんね。
2013.02.06-14:27/tomotan/URL/EDIT/
  from - 夢かあさん
癌ダム4Gさん、こんにちは。

鯨というと私にとっては給食の思い出。
はりはり鍋は名前は知ってますが。関西の鍋
なんでしょうか。私のところではないのです。

鯨は時々鮮魚店に置いてあることもありますが
やっぱりお高くて。だから見てるだけ(笑)。
給食の鯨、美味しかったなあ~。

鹿肉は京都のレストランで頂いたことがありますが
こちらはちょっと。
牡丹鍋は食べてみたいです。

なんだかお腹が空いてきました。
2013.02.07-08:01/夢かあさん/URL/EDIT/
Re: tomotan さま:  from - 癌ダム4G
毎度お腹のすく話でスミマセン(笑)

> 私の世代は鯨、結構食べてます。特に南蛮漬けです。給食にも良く出ました。
 鯨とあぶらかす…動物の内臓の揚げたの。パンに合わなくてねえ(笑)

僕も給食でよく食べましたが「カレー揚げ」が多かったかな?
パンにもよく合って美味しかったですよ(笑)
あの頃は冷凍技術が未発達…というか、へたくそだったので
「クジラは臭い!」と嫌う人も多かったですけどね(苦笑)

あぶらかす…って言うのは、知りませんが、そうなんですね。
う~ん、その説明ではあまり食欲をそそりませんが、美味しいのかな?

でも、大人になって「ちゃんとしたクジラ」を食べたら目からウロコ
給食のクジラとは段違いのスーパー美味しい…なんですね!

今の若い人って、単に食べた事がない。
もしくは「食わず嫌い」でクジラを食べないんじゃないかな?
いまや高級食材なんで、生食(刺身)用なんて結構高いし(苦笑)

そちらじゃ「鹿肉」も結構ポピュラーじゃありませんか?
バンビって言うから、単にイメージだけで嫌う人が多いけど
仔鹿って、臭みもまったくないし、肉も柔らかくて最高ですね。

> 食べるのって本当に楽しみですもんね。

はい、お互いガッツリ食べましょう!(笑)
2013.02.07-18:49/癌ダム4G/URL/EDIT/
Re: 夢かあさん さま:  from - 癌ダム4G
う~氷見漁港のホタルイカ旨かった!…と、こんばんは。

> 鯨というと私にとっては給食の思い出。
> はりはり鍋は名前は知ってますが。関西の鍋なんでしょうか。私のところではないのです。

関西…っていうか紀州(和歌山)の鍋ですね。
江戸時代には、大阪湾でもクジラが取れたそうで、
太平洋側にはいっぱい居たみたいですね。
でも、いま大阪のちゃんとしたお店で食ったら高いですよ~

> 鯨は時々鮮魚店に置いてあることもありますが
> やっぱりお高くて。だから見てるだけ(笑)。
> 給食の鯨、美味しかったなあ~。

そりゃ高いけど、きっと生食(刺身)用。
でも今回のは阪神百貨店の<特別セール>で、安かった!
普段なら、1500円以下では絶対に手に入りません。

冷凍技術の進歩した現代のクジラは、かつての給食時代とは大違い
めちゃめちゃ美味しい「高級素材」
ナガスクジラの刺身などは、カルパッチョの100倍くらい美味しいのですが
(個人の感想です・笑)皆さん、ご存知ないのでしょうね。

> 鹿肉は京都のレストランで頂いたことがありますが
> こちらはちょっと。
> 牡丹鍋は食べてみたいです。

その鹿肉(またはレストラン)が良くなかったみたいですね。
刺身で食べると「馬刺し」よりサッパリした感じで旨いモノだし
いい肉なら、バターやオリーブオイルによく馴染みます。

鹿というと赤ワイン煮込み…みたいなイメージですが
固くて不味い「年寄り鹿」とか「撃った後の血抜きがヘタで臭い肉」を
誤魔化すための手法で、いい肉には必要ありません。

 ※入手先教えましょうか?…1キロで3000円くらい+送料で
  知床から送ってくれますよ。

牡丹鍋は、普通のお店とか通販で売ってるヤツは
たいてい「イノブタ」の肉で、天然の猪のヤツは本場に行くか
またはちゃんとした入手先を探さないとちょっと困難かも知れませんね。

いい猪なら「焼肉」が一番!
こちらは、あのイベリコ豚の10倍くらい旨い!と申し上げておきましょう。

> なんだかお腹が空いてきました。

人間ヤッパリ、美味しいものが一番ですね(笑)

日本人は<ジビエ>をあまり食べませんが
西欧にスパイスがあるように、日本には「山椒」や「生姜」があります。
魚には「ワサビ」ですが、この辺りの日本のスパイスがポイントですね。

ジビエネタもまた、あれこれ書いて行きますから
たった一度の失敗に懲りずに、またチャレンジしてくださいね。
2013.02.07-19:24/癌ダム4G/URL/EDIT/
  from - まつよいぐさ
今はなき駅前の市場に、鯨屋さんがありましたよね。
ご存知ですか? 確か突き当たったお漬物屋さんの向かいでした。

庄内の豊南市場には、まだありますね。
最高級の尾身は100グラム10000円(*_*)

何十年も口にしていなかったら、私はもう食べられなくなりました。
でもときどき、おでんのコロが懐かしくなります。

ちなみに私は、鹿も熊も猪もトドも鯨も兎も鳩も、獣系はみなダメですが、
癌ダム4Gさんは、ほんと美食家でいらっしゃる!!
2013.02.07-20:04/まつよいぐさ/URL/EDIT/
  from - Espero Lumo
こんにちは~!
次はクジラですか~(^^;シーシェパードが見たら失神するかも(・∀・)

私もクジラはなじみ深いです。クジラカツとか、おでんに なんかふわふわしたの、昔はありましたよね。
高知ではふつうにスーパーで売ってました(^^)
おいしいですよね。クジラカツなんか、高知でたくさん買ってお友達にあげたりして喜ばれました。(冷凍で売っていたんですよ)

節分は、子供の頃はうちも「イワシ」でした。魔除けって母が言ってた様に思います。
巻き寿司も食べました。朝から母がかんぴょうとか干し椎茸とか甘辛く煮てました。
恵方巻きとかじゃなくて、ごくふつうの巻き寿司でした。
あれは、Valentineのチョコレートと同じで お寿司屋さんのインボーかも・・・。
恵方に向かって食べるのは豆でしたよね。
だんだんトシの数だけお豆を食べるのがタイヘンになってきました~(^^)

大阪寿司って「はこ寿司」って言いませんでしたっけね~・・・小さい頃そんなふうに行っていたような気がしますけど、なんか、最近「うちだけコトバ」が多いことに気づいたので、違うかも・・・。

おいしいっていいことです!
2013.02.08-11:34/Espero Lumo/URL/EDIT/
Re: まつよいぐさ さま:  from - 癌ダム4G
まいど!です。いつもコメントありがとうございます。

> 今はなき駅前の市場に、鯨屋さんがありましたよね。

残念ながらその頃はまだクジラに目覚めていなかったせいか憶えておりません。
僕が、クジラの専門店に行くようになったのは30代になって後のことで
阪急の地下によく買いに行っておりました。(これもなくなりましたね)

> 庄内の豊南市場には、まだありますね。
> 最高級の尾身は100グラム10000円(*_*)

う~、グラム1万ですかぁ…さすがに無理ですね~
最高級というと、あの「シロナガスクジラ」…なんですかね?
かれこれ25年くらい食べてないですかねぇ(苦笑)

> 何十年も口にしていなかったら、私はもう食べられなくなりました。
> でもときどき、おでんのコロが懐かしくなります。

コロもいいけど「さえずり」って言うのも旨かったですよね。
さえずりの旨かった心斎橋の「某おでん屋さん」も閉店したし
道頓堀の超有名店(本家さんの方)もやめちゃいましたからネェ。

> ちなみに私は、鹿も熊も猪もトドも鯨も兎も鳩も、獣系はみなダメですが、
> 癌ダム4Gさんは、ほんと美食家でいらっしゃる!!

いえいえ「悪食」かも知れませんです。
好奇心が強いんでしょうね。さすがに、毛虫とかそういうのは食べませんけど。

ジビエに限らず料理って、鮮度とか肉の良し悪し、そして調理法によるのでしょうね。
ニュージーランドの羊って正直美味しくなかったし、
カナダのサーモンもイマイチでした(行ったお店の問題かな?)

でも、カエル、カンガルー、トド、海亀、ホロホロ鳥、雀、イルカ
くらいまでは食べましたけど…、それぞれ、みんな美味しかったですよ。
2013.02.08-16:47/癌ダム4G/URL/EDIT/
  from - 加夢
鯨なんて、もう何年も食べてないですよ
やっぱり給食の「鯨の竜田揚げ」以来です
刺身は食べた事ないかも
ああ、おいしそうだなあ
日本酒があいそうかなあ  (*^▽^*) 
2013.02.08-17:45/加夢/URL/EDIT/
Re: Espero Lumo さま:  from - 癌ダム4G
まいどで~す!
> 次はクジラですか~(^^;シーシェパードが見たら失神するかも(・∀・)
シーシェパードなんて「環境保護」の名を借りた「海賊」ですから
日本以外の国なら、逮捕されても銃撃されてもおかしくないわけですが
自衛隊法を改正したら、襲ってこなくなるかも知れませんね
(たちの悪いブラックジョークです・笑)

それはともかく、クジラ…美味しいですよね。
クジラカツ、子どものころ大好きでしたよ。
おでんに入れるのは「コロ」
なんかふわふわしたのって「おばけ」のことでしょうか?
地域によっては「おばいけ」とも言いますが、酢味噌で食べる白いヤツでしょ。

あとは、コロの脂を抜く前の状態である「皮クジラ」
クジラベーコンに、さえずり(舌)、百ひろ…どれも旨いものでしたよね。

> 高知ではふつうにスーパーで売ってました(^^)

あの…大阪では、今でも普通にスーパーで売ってますけど
まぁスーパーにもよりますが…(笑)

Lumoさん、高知なんですか、カツオ、旨いですよねぇ!いいなぁ
学生時代、仁淀川辺りまでよくサーフィンしにいきました。

> 節分は、子供の頃はうちも「イワシ」でした。魔除けって母が言ってた様に思います。
> 巻き寿司も食べました。朝から母がかんぴょうとか干し椎茸とか甘辛く煮てました。
> 恵方巻きとかじゃなくて、ごくふつうの巻き寿司でした。
> あれは、Valentineのチョコレートと同じで お寿司屋さんのインボーかも・・・。
> 恵方に向かって食べるのは豆でしたよね。
> だんだんトシの数だけお豆を食べるのがタイヘンになってきました~(^^)

わぁ、やっと賛同者が現れた!
そうですよね、恵方を向いて食べるのは、絶対「豆」でしたよね。
うちでは、10歳で1個で良いってルールにしてますが
そういうのありませんでしたか?

> 大阪寿司って「はこ寿司」って言いませんでしたっけね~・・・小さい頃そんなふうに行っていたような気がしますけど、なんか、最近「うちだけコトバ」が多いことに気づいたので、違うかも・・・。

その通り「箱寿司」です。「押し寿司」とも言います。
もっと正確に言うと、箱寿司の一種かな?
大阪は船場の「吉野寿司」が発祥といわれる箱寿司のことですね。
詳しくは、http://www.yoshino-sushi.co.jp/ でどうぞ。

> おいしいっていいことです!

ですよね!(笑)よろしければ、バンビの入手法お教えしますよ。
次回は、猪…ってワケじゃないので、とりあえずは
牡丹鍋 http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-540.html まで。
これもまた、美味しい冬の味覚ですよね~
2013.02.08-20:10/癌ダム4G/URL/EDIT/
Re: 加夢店長 さま:  from - 癌ダム4G
どうも、です。

> 鯨なんて、もう何年も食べてないですよ
> やっぱり給食の「鯨の竜田揚げ」以来です
> 刺身は食べた事ないかも

そう言わずに、見つけたらぜひ食べてくださいよ。
竜田揚げ、クジラカツもいいけど
王道はヤッパリ「クジラの刺身」
ぼくは生姜醤油だけで十分ですが、
匂いが気になるなら玉ネギのスライスと一緒でもOK
(本来は、馬刺しの食べ方ですね)

> ああ、おいしそうだなあ
> 日本酒があいそうかなあ  (*^▽^*) 

とりあえずビールが合いますね。
じっくりやるなら、久保田の「純米吟醸」辺りがいいですね!
ワインなら、ちょっと渋めのメルローかな?

日本固有の食文化ですから、大事に受け継いで行きましょう。
ところで、そちら方面だと「イルカ」もあるんじゃないでしょうか?
2013.02.08-20:23/癌ダム4G/URL/EDIT/

COMMENT POST

/
/
/
/



 
 内緒です♪

TRACK BACK

  この記事のURL:
   http://gandam4d.blog8.fc2.com/tb.php/996-3384fa2f


MAIN
copyright © 2006 気道戦士 喉頭癌ダム. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。